スポークンワード



まで、"詩を叩きつけ、"のどこのキャバレーで四角になるスタイルの決闘の単語のアーティスト話さ出現とともに、1980年代後半から1990年代初頭。[編集]競争力のある詩のイベントスラムこのタイプのインドで人気が話されている単語を進化していない何世紀にも[編集]アメリカ合衆国での競争の詩はおそらくラップ音楽とラッパーの大会から始まったスラム[編集]共通の要素に抗議し、クリティカルな、あるいは是正のトーンです。[編集] Nuyorican詩人カフェでニューヨークシティのいずれか早い会場の場所の詩人、社会の辛酸を抗議する可能性がある。[編集]デフ詩人HBOでは、最も目に見える会場となったスラムのタイプに抗議の詩人たちが、詩人は必ずしもそれぞれの観客の他に対抗していない承認。ヒップホップの現在一般的に話す言葉の一般的なジャンルの下に考えられているとして、シドニーモーニングヘラルド紙のクレアモーガンの最近の記事に示されている[1]
話されているWordの大学のサークルで80年代初期には、ポストモダンアート運動中にbirthedされた舞台芸術の新たな波を記述するには、採択されました。話されているWordの基本的には、パフォーマンスアートの既に確立されたカテゴリに、音楽、演劇などに適合していない何かを説明するための包括フレーズ、そしてダンスされた[2]。
1980年代に話されているWordの運動には、ビートに似ている1960年代。学界、詩に重点を置いたから話されている言葉とビートを共有尊重、相互欠如、意識と告白についての詩。これは公開されていない主な違いは、話し言葉認識されていません。多くの芸術家と詩人はどんな本な形で自分の作品の公開されていません。また、語られた言葉以上のすべての多様性のすべての詩の拡散についてですだけではなく、約白人男性のコミュニティとして1960年代[3]でビートされました]
【2010/03/15 22:52 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<Ĝファンク | ホーム | 南部ヒップホップ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

トラックバック
トラックバックURL
http://1shirushi.dtiblog.com/tb.php/88-4702491e
| ホーム|